Monthly archives: 11月, 2016

ドッグフードと偏食

犬にも食の好みというものがあります。人間のように好きな味や肉や魚、野菜の嗜好があったり、苦手なものがあったりするものなのです。ドッグフードにこのようなものが含まれていると、与えても食べないということがあります。他にも、粗悪な原材料を用いていると、腐敗した臭いや添加物によって付けられた人工的な臭いに苦手意識を感じて食べないこともあります。

粗悪品であることで臭いの苦手を感じる場合には、ドッグフードを変えることが効果的です。やはり、犬が食べるのを敬遠する食事というのはあまり良いものであるといえませんから避けるべきであると考えられます。もしも、それなりに高級なドッグフードであるのに食べない場合には、味が薄いと思ったり臭いが少ないと思っていることが考えられます。

そのような時には、トッピングをしたりぬるま湯をかけることが効果的です。トッピングをすることで味や匂いに変化が出ますし、ぬるま湯を足すと湯気がたつことで香りが強くなり食欲を促進するのに効果的です。トッピングはササミや野菜、犬用のミルクが一般的ですが、与えすぎはカロリーや栄養の過多となり肥満の原因にもなります。そこで、何をトッピングすれば良いか分からない時には市販のトッピングを用意するのがおすすめす。


偏食の原因

愛犬が食事を食べないと飼い主は不安になるものです。犬は話すことができないですから、食事を摂らないということはどこかに不調があるのではないかと思うのは当然のことです。しかし、犬が食事をしないというのは体調不良以外にも様々な理由が考えられるものなのです。体調不良が原因の場合には、食事を摂らないだけでなく下痢や便秘をしていたり、嘔吐をしたり、鼻が乾いていたり逆に湿りすぎて鼻水が出ていたり、口臭が強くなったりという症状が見受けられます。これらの症状がなく食事を摂らないのは偏食が原因と考えられます。

偏食の原因として、食べたくない理由がいくつか考えられます。まずは、ドッグフードよりもおやつを食べたいと思うために、ドッグフードを食べない場合があります。これは、飼い主が食事を取らないことを心配しておやつを与えることで、ドッグフードを食べなければおやつがもらえると学習していることが考えられます。

他にも、ドッグフードを食べないからとずっと食事を出しっぱなしにしている場合があります。こうすることで、いつでも気が向いたときに食事をすれば良いのだと学習して気が向いたときに食事をすれば良いと学習していることがあるのです。これは、偏食というよりも生活ルールの問題ですから決められたタイミングで食事をしなければならないという学習をすれば直ることが多いです。